ホームページに戻る  
IrDA - the Infrared Data Association
 
 
 
 
Consumer Electronics
Household Appliances
Automotive
Commercial Services
Computers
Medical Devices
 
 
 
ワイアレス通信
 

光通信について


ワイアレス通信とは言葉のどおりケーブルなどを接続せずに通信を行うことを示します。一番一般的に使われている方法としてテレビのリモコンやラジオなどがあげられるでしょう。

ワイアレス通信の方法としては色々は媒体うことが可能ですが、主にRF(Radio Frequency)と光(Optical)通信の二つの方法が主流につかわれています。

光通信とは自然の光の波長をつかって通信を行う方式であり光ファイバーのような有線通信もあるがIrDAのように光を使ってワイアレスの通信も可能であります。光無線通信は、赤外線からか可視光線までの光波長を用いた通信であります。

赤外線を使ったIrDAは以下のような特長を活かして、これまで多くの機器に採用されています。




光を利用した通信のため、RFなどのように地域や国によって異なる電波法などの法規制がありません。
そのため、今後期待されている高速データ通信などにおいても世界で共通に通信できる規格として期待されています。




IrDAでは30°の範囲で通信を行うように定められているため、60°以上の角度では通信が行えません。また通信をしたいときに意図的に操作をしないと通信が始まらないため、RFとことなり常に接続されていて知らないうちにデータが転送されていたということもありません。いわゆる意思を持った通信であります。ですので、公共の場でも安心してお使いいただけます。また他の精密機器に影響することもないため、病院や飛行機機内など精密機器が多い設備環境でも安心して使うことができます。暗証版語やコードなどでセキュリティを確立するのではなく、物理的に安全性がある通信方法にて第三者の侵入を防ぐことができます。




リモコンなどにおいても赤外線のデータ通信が行われており、すでに広く普及しています。携帯電話に搭載されている電話帳交換機能もIrDA規定のひとつです。赤外線通信機能はリモコン操作によって人々にしたしまれており、其の使いやすさは世代を超えて幅広く使われています。

 

 
   
 
 
     
 
IrDAメンバーシップへの可能性   規定および仕様   試験ツールおよびIrDA認証製品リスト   メディアで見つけたIrDA
赤外線通信技術を使用して商品とサービスを提供したり、または IrDA技術搭載製品をブランド化する際にその規定入手するにはメンバーになる必要があります。会員になることをご希望の方は、こちらのクイックガイド まで。
  1. 規定一覧表(ログイン不要)
  2. 採択済み仕様書 (ログイン要)
  3. 開発中の仕様(ログイン要)
  4. ホワイトペーパー (ログイン不要)
IrDAテスト認証製品リストおよびテスト機関についての情報はこちらにて
New IrSimple Certified Products
Learn More    Learn More    Learn More   
 
     
 
Control AD   Sharp   GITI
 
     
© 2011 Infrared Data Association  All Rights Reserved